餡子にはまっています

餡子にはまっています

昔はちょっと餡子が苦手だったのですが、今はとても好きになりました。

 

自分でも、何がきっかけでこんなに好きになったのかはわかりませんが、小説等の和菓子の描写がきっかけだったのかもしれません。

 

 

 

餡子の使われているお菓子は沢山あると思います。

 

最近一番はまっているのは、どら焼きです。

 

スーパーやコンビニで気軽に購入できるのも嬉しいですが、専門店のどら焼きも時々購入しています。

 

 

 

専門店だけあって、種類がとても豊富で、どれも凝っていて選び甲斐がありますね。

 

blog.goo.ne.jp/kerenssa

 

見ているだけでも楽しめます。

 

小倉餡の入ったオーソドックスなものが好きですが、その中に大きな栗の実が入ったものもとても好きです。

 

 

 

白餡の中に梅の実の入った少し変わったものもあります。

 

餡子とバターが一緒に入ったものや餡子と生クリームが混ぜてあるもの等洋風のどら焼きも置いてあります。

 

洋風のどら焼きは、初めは抵抗があったのですが食べてみると、中身の二つがぴったりマッチしていて違和感は全く感じられませんでした。

 

 

 

若い人だけでなく、年配の方にもおすすめできる味かもしれません。

 

どら焼きの皮がホットケーキの皮の様にほんのり甘くてふっくらしているので、バターや生クリームが合うのかもしれないなと思いました。

 

あんパンや御汁粉やタイ焼き等、餡子の入ったものをこれからもたっぷり楽しもうと思っています。

いちごのフレンチトースト

 

今日はガストに行って来ました。

 

私がファミレスに行くときには必ず食事を食べるのですが、今回はいつもと違いスイーツを食べに行ったのです。

 

食べたのは・ ・ ・いちごのフレンチトーストです。

 

 

 

これが、「甘くておいしい! 」のです。

 

友人に誘われて付いて行ったような感じですが、まさか私がスイーツで感動するとは思ってもいませんでした。

 

いつも食事の後に食べるとなれば、プリンやゼリー、またはチーズケーキくらいのものです。

 

それがフレンチトーストにイチゴのジュレがかかっただけのスイーツなのに、絶妙に美味しかったのです。

 

 

 

こういうのを食わず嫌いというのだと思いますが、メニューで見ただけで、勝手に味を想像して自分の頭の中でレベルを下げている食べ物というのは、意外と多いのかもしれないと感じたのです。

 

今回は美味しい事を友人が教えてくれましたが、ネットなどでもグルメレビューなどに書かれている言葉を信じて、食べに行ってみるのも良いかもしれないと思ったのです。

 

 

 

そして、友人が食べたベイクドチーズケーキですが、これまた見た目は全く美味しそうでは無いのですが、チーズの濃厚さは半端なく素晴らしく絶品だったのです。

 

最近は太り気味になったせいかスイーツが今まで以上に美味しく感じるような気もするのです。

子供の宿題を手伝うのはありか

 

子供が宿題に困っていると、つい手助けをしてしまいたくなります。

 

私がそうやって近づいてくると子供はとても喜ぶのですが、妻は怒ってしまうので、思うように宿題を手伝うことができません。

 

 

 

私は子供のころ宿題を手伝ってもらったことが無く、夏休みの最後にお父さんとお母さんの手を借りて宿題を終わらせたという友人を、いつも羨ましく思っていました。

 

ですから自分の子供の宿題はできるだけ手伝ってあげたいと思っていたのですが、妻は甘やかすのはやめたほうがいいといいます。

 

 

 

私だって全部答えを教えるとか、代わりに感想文を書いてあげるだとか言うことがよくないことだということはわかります。

 

しかし少しアドバイスするとか、一緒に工作をするぐらいはコミュニケーションも計れてよいと思うのですが、子供の宿題は自力で頑張らせるべきだという考えを、妻が曲げることはありません。

 

子供が妻に不満を持つのは避けたほうがいいので、私はそこで言い合うことなく引きつつも、実際は少し納得のいかない思いを抱えています。

 

 

 

もしかしたら私の認識が少しずれているのかも知れませんが、それでも一度ぐらいは宿題の手助けをしてみたいと思ってしまいますね。

 

希望は妻も交えて三人で取り組むことなのですが、そんな日がくるよりも先に手伝える宿題がなくなってしまいそうです。